ありのままに*  
by chocoyumiko
■ お知らせ
料理料理とお菓子のアトリエ ホームページ UNE PETITE MAISON お菓子のオンラインストア Online Store ・プレゼント用焼き菓子 ・ウェディング用引き菓子 ・プチギフト ・ケータリング ・レシピのご提案 ・出張料理教室 etc... お気軽にお問い合わせくださいませ。 お問い合わせは unepetitemaisonjapon @gmail.com までお願いします。 お教室の風景や日記はインスタグラムにて投稿しています。 <Instagram
カテゴリ
UNE PETITE MAISON
フォロー中のブログ
検索
季節は巡る
季節は巡る_e0015023_23381725.jpeg
まだまだ暑い日は続きますが
自然は少しずつ秋へと向かっていますね。
焼き菓子が美味しく感じる季節になってきました。

さて、うれしいご報告です。
UNE PETITE MAISONを立ち上げて15周年を迎えた今年
このブログでも何度か『新しいことをはじめる』と綴ってきましたが
ようやくそのご報告ができる時期になりました。

来年の秋、焼き菓子のレシピ本を出版することが決まりました。

予てから、いつか自分の本を作れたらいいなという夢を抱いていまして、、
だけど、ただ思うだけではなかなか夢は叶わなわず、長い年月が経ってしまいました。
去年、ある方にそのお話をすると、
出版社に企画書を提出してみたらいいんじゃないかとアドバイスをいただき
そこで本気の火がついたのでした。
憧れの出版社はいくつかありましたが、なかなか勇気がなくモゾモゾしていたところ
タイミングよく何冊もの素晴らしい本を出版している友人と会う機会があり
思い切って自分も本を出したいんだというお話をすると
なんと出版社を紹介してくれることになったのです。

イメージする本の企画書を自分なりに作成し、
春が来る前、出版社へ打ち合わせに伺いました。
名の知れない関西在住の料理菓子研究家 田島裕美子の本が
このご時世で一般的に評価されるのでしょうか。。

ドキドキソワソワ緊張の数ヶ月、何度かの審査を経て
この春にうれしい通知をいただきました。
ただ、出版社のスケジュールでは、今年の枠がもうすでにいっぱいということで
来年の秋出版を予定に企画が進むことになったのです。

そしてようやく今月から本の打ち合わせが始まりました。
嬉しい反面、不安がいっぱいですが、どうか悔いの残らないよう精一杯に
よい本ができるよう望む所存であります。

今までたくさんたくさん本当にたくさん焼いてきた自分のお菓子のレシピを
さらに見直しながら丁寧に作ってゆきたいです。
色んな方が見て納得していただき、これは作ってみたいと思ってもらえるように、
また自分の辞書にもなるような基本のレシピ本ができるといいなと思います。

来年、本が完成するまで、どうか楽しみにしていてくださると嬉しいです。

季節は巡る_e0015023_18191231.jpg





# by chocoyumiko | 2023-09-05 00:00 | UNE PETITE MAISON
暑中お見舞い申し上げます
暑中お見舞い申し上げます_e0015023_21175363.jpeg
夏本番の暑すぎる日が続いていますが
皆さまいかがお過ごしでしょう。

暑いからといって冷たいものばかり食べていると
体力が持たず、すぐに疲れてしまうので、
やはりご飯をたくさん食べて元気に夏を乗り越えたいものですね。

ご飯といえば梅干し。
梅仕事の続きですが
7月のかんかん照りの3日間、梅の土用干しを終えました。
(2023年7月22日-25日)

梅酢に浸かった梅をザルに広げて干すという一般的な方法と、
梅酢に浸かった梅を瓶から出さずにそのまま蓋を開けて干す方法。

昔ながらの作り方がいいと信じて、たくさんザルに並べて干しましたが、結果、瓶のまま干しても同じように美味しくできました。
それならザルに並べなくてもいいじゃん笑
って思ってしまいます。

来年からはどうしよう。。

とにかくお庭で採れた梅をその場で干せる幸せ。
梅の木とお天道さまに感謝です。
暑中お見舞い申し上げます_e0015023_21182349.jpeg

お盆が過ぎると秋のお仕事に突入です。
再びクッキー缶をたくさんお作りいたします。
毎日プティフールセックの再入荷リクエストをいただいていまして
楽しみにしてくださっている方がこんなにたくさんいらっしゃるのだなぁと
とてもうれしい気持ちでニマニマしています。

今年はデパートさまの大きなお仕事は控えさせていただき
個人でちょこちょことお菓子の販売をさせていただく予定です。

またどこかでお目にかかれますとうれしいです。
暑中お見舞い申し上げます_e0015023_21193498.jpeg

# by chocoyumiko | 2023-08-05 00:00 | UNE PETITE MAISON
梅仕事
梅仕事_e0015023_21381275.jpeg
1ヶ月経つのが早すぎて
毎日あれやこれやと精一杯に生活している感じです。
お庭の梅が今年は鈴生りで、嬉しくて
6月は初めての梅干し作りに挑戦しました。
(梅の収穫日2023年6月10日)
小さな梅の木ですが立派な3Lサイズほどの梅が約10kgも採れました。
追熟中にシワシワになったり傷んでしまったものもあり除いていくと約8kgほどに。
約1週間寝かせると、甘酸っぱくそのまま食べられるんじゃないかと思うほどにいいにおいがしてきました。
きれいに洗ってヘタを取り除き、しっかり水気を拭き取ったら
梅を焼酎にくぐらせるのですが、せっかくなので美味しい焼酎がいいなと思い
残っていたMITOSAYA蒸溜所さんのオードヴィーを使ってみました。
トマト&バジルのオードヴィーとネーブルのオードヴィーの2種類。
梅に漬けるのは約13%の日本の塩。
一般的には15〜20%の塩で漬けるそうなのですが、少し減塩してみることに。
2〜3日で梅酢が上がってきたのでアク抜きした赤紫蘇をたっぷり合わせました。
梅雨が明けたら土用干し。
天日干しにしない方法もあるようなので、ふたとおり試してみようと思っています。
梅仕事_e0015023_21384030.jpeg
毎年梅ジャムにしたり梅味噌にしたり
お教室をしているときは梅シロップや梅酒をつけたこともありました。
今年は砂糖漬けにしないで、塩で梅干し一択です。
美味しくできたらお世話になっている方へお裾分けしようと思っています。
梅干し作りは大変なイメージがありましたが、なかなか楽しいものですね。
暑い夏はあまり得意ではないので
梅パワーで乗り切りたいと思います。
皆さんもお元気で楽しい夏をお迎えください。
梅仕事_e0015023_21391681.jpeg

# by chocoyumiko | 2023-07-05 00:00 | UNE PETITE MAISON
紫陽花の季節
紫陽花の季節_e0015023_22322524.jpeg
雨に濡れて生き生きとした紫陽花の姿はなんとも美しい
土壌によって彩りの変化もあり、人々の心を和ませてくれる。
植物の力ってほんとすごいな。
私も、ほんわか和んでいただけるような
そしてまた食べたいと思っていただけるようなお菓子やお料理を
これからもずっと作ってゆけるといいなと思います。

たまに普通のっていう言葉を耳にするけれど
人によって普通の感じ方が違うので難しい言葉だなって思う。
いろんな意味で普通という気持ちがお互いに重なれば
同じ感覚っていうことなんだろうな。
美味しいの感覚も人それぞれで、普通に美味しければ私はそれで満足。
繋がるご縁もタイミングで、大切にした行きたい。
今年も半分近く経ってしまって、、早いな〜
毎年、後半ほど調子が出てくるので、
下半期もバランスよくリズミカルな日々を送れますように。
皆さまもどうぞご機嫌に笑顔でお過ごしくださいね。
紫陽花の季節_e0015023_22370502.jpeg

# by chocoyumiko | 2023-06-05 00:00 | UNE PETITE MAISON
新緑
新緑_e0015023_09030133.jpeg
植物の柔らかい新芽が風に揺れてキラキラと美しい季節
今年はもはや梅雨のような気配も感じます。
ゴールデンウィークは皆さんいかがお過ごしでしょう。

私は暦どおりのお休みをいただき、母と夫と3人で小豆島を訪れました。
数年前から瀬戸内が望める場所に魅かれて
岡山や淡路島など、西方面へ向かうことが多くなりました。
瀬戸内海に浮かぶ小豆島は、自然が豊かで温暖で穏やかな空気が流れていました。
美味しいものを食べて、体も心もリフレッシュ。
良い旅でした。

そして、ちょっとご報告。
来年に向けての新しいお仕事が決まりました。
夏頃から少しずつ1年くらいかけてゆっくりゆっくり企画を進めてまいります。
長年夢みていたことが実現することになりました。
めちゃくちゃ嬉しいです。
ゆっくりペースが有り難い。
詳しいことはまた改めてご報告させてくださいね。
悔いの残らないように、よい時間のよいお仕事になりますように。

新緑_e0015023_09033141.jpeg

# by chocoyumiko | 2023-05-05 09:02 | UNE PETITE MAISON